ワンポイント!昆布

昆布に含まれる食物繊維は水溶性なので、十分抽出してから調理するほうが、体内に入ってからの吸収率が良くなります。
 加熱して、だしを取った昆布も捨てずに、そのままお料理に使っていただくか、保存食、健康食として食してください。冷蔵庫で約1週間持ちます。

【主な活用法】
(1) 一番だしを取る
(2)みそ汁のベース
(3)野菜を煮るときのだし
(4)鍋もののベース

【昆布の水だし】
たくさん作って色々な料理にジャンジャン使っています。冷蔵庫に作り置きしておくと、いつでも使えて便利です。麦茶を冷やすポットのように、幅広の昆布が楽に入る大きな口で、注ぎ口・フタもある容器がおすすめ!

■作り方■
麦茶を冷やすポットなどに水2リットルと昆布60gを入れ、冷蔵庫などでゆっくりもどす。(約10時間)


【昆布のだしがらを使った保存食】
昆布のピクルス
昆布ワンポイント
材料(4人分)
だしを取ったあとの昆布 10×10cm
100cc
3g
砂糖 10g
作り方

1.だしを取って大きくふやけた昆布は、7mm幅で4cmに切る。

2.1を、酢、塩、砂糖を混ぜた甘酢に漬け、保存容器に入れておくと、半年はもつ保存食になる。


※おつまみとして、そのままお召し上がりください。

その他にも、だしを取ったあとの昆布の活用法はいろいろあります。上記のピクルスに、サラダや大根おろしを混ぜたり、ピクルスをさらに細かく切ってちらし寿司に入れてもおいしくいただけます。